「アーモンド」

更新日:2021/06/10

私の趣味は、『ムダ知識集め』です。

ですが、その知識を披露する友人がいないので、メルマガ読者の皆様に披露したいと思います!!
突然ですが、ここで問題です!

【問題】
アーモンドは「果物」である。〇か、×か?

【↓この部分を範囲選択すると、回答と解説が読めます↓
————————————————————–

【正解】 〇

農林水産省によると、「野菜」・「果樹」の定義は以下のように決められています。

「野菜」…苗を植えて1年で収穫する草本植物
「果樹」…2年以上栽培する草本植物及び木本植物の、果実を食用とするもの

アーモンドは、木に生る果実なので果樹の実、つまり、『果物』に分類されます。
同様に、栗や梅も『果物』と扱われるのです。

————————————————————–

「アーモンドが生っているところなど、見たことがないからわからん!」
そんなあなたに、第二問!

【問題】
アーモンドと最も近縁な植物は、次のうちどれでしょうか?
A:クルミ(クルミ科)
B:フジ(マメ科)
C:サクラ(バラ科)
D:ブドウ(ブドウ科)

【↓この部分を範囲選択すると、回答と解説が読めます↓
————————————————————–

【正解】C:サクラ(バラ科)

アーモンドは「バラ科サクラ属」の植物で、近縁種には、ウメ、モモ、アンズなどが挙げられます。
アーモンドは春になるとサクラによく似た花を咲かせ、やがて梅や桃に似た果実が生ります。

梅干の種を割ると、硬い殻の中に種のような物が入っていますよね。
我々が食べている「アーモンド」の果実も同じ構造をしており、かたい殻の中に入っている種子を集めた物が、我々の良く知っているアーモンドになります。

一つ一つ殻を割るのが大変そうですね。

▼▼▼いまいちピンとこない方は、こちらをご覧ください
Google画像検索「アーモンドの花」

都内でも、いくつかの植物園でアーモンドの花をみることができます。

————————————————————–

ちなみに、アーモンドは和名を「扁桃」といいます。

風邪をひいたときに腫れる「扁桃腺」は、その形状をアーモンドに例え、「扁桃のようなリンパ腺」という意味で命名されたそうです。

また、アーモンドは古代の逸話にも登場する、由緒正しい植物でもあります。

モーゼが海を割る「エクソダス」のエピソードは有名ですね。
この時にモーゼが使ったとされる「アロンの杖」は、『アーモンドの木で作られており、その杖が芽を出し花が咲いて実を結んだ』とされています。

なぜアーモンドなのか。それは、、、、

残念ながら、私は知りません。

小学生の私は、よく扁桃腺が腫れてしまっていました。
扁桃腺が腫れると、何を食べても痛くて苦痛です。
学校を休めて、大抵はすぐに良くなるとはいえ、とても憂鬱な日々でした。

扁桃腺が腫れるとこれらの話を思い出し、「次回学校に行ったら、友達にこのムダ知識を披露しよう!」と決意し、気を紛らわせていました。

【そして自信満々に披露し、ウザがられていました】

 

”扁桃炎になってしまった”
そんな時は、きれいなアーモンドの花とアロンの杖を思い出し、心を落ち着かせてはいかがでしょうか?

計測器に関するお問い合わせはこちらから

コンタクトセンター東日本 TEL.0120-706-120
コンタクトセンター西日本 TEL.0120-959-008
技術サポートサービス TEL.0120-706-122
※ 受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後5時30分(祝祭日、年末年始を除く)

PAGETOP