「行列」

更新日:2021/07/10

今回のテーマは「行列」です。
先輩には「お笑いの番組のこと?」と聞かれましたが違います。

最近の私には、行列を消滅させる力があるかもしれません。
先日髪を切りに行った時も、私が並びはじめた時には5人ほど並んでいたにもかかわらず、私の後にお客さんが来ることはありませんでした。

そして私が呼ばれると、また行列が形成され始めます。

「もう少し遅く来ても良かったな」そう思ってしまいます。

 

先輩は逆に「行列を形成してしまう」ことを気にしているそうです。
「空いていると思ってラーメン屋に入った時に限って、たくさんの人が並び始めて店内が混雑してしまうのが嫌だ」とのこと。

確かにコロナ禍においては、他人との距離が気になりますね。

 

読者の皆さんは「待ち時間」が好きですか?ほぼすべての方が「いいえ」と答えられると思います。
しかし多くの人は、店の前に行列ができていると無意識のうちに並びたくなってしまうそうです。

その効果をよく利用しているのは、「讃岐うどんのチェーン店」。
店舗前に短い行列ができるよう店舗やメニューを設計し、顧客が顧客を呼び込む効果を狙っているそうです。
これらの店はよくフードコートに入居していますが、行列を見せるための施策なのですね。

私たちは意識している以上に、他人に影響を受けている生き物であるようです。

 

では、なぜ私がいると行列がなくなるのでしょうか?近づきがたい負の感情を無意識に放っていたのでしょうか?
そう考えると、なんだか悲しくなってしまいました。

確かに先輩は、気が付くと行列が長くなっているというだけあり、周囲に好印象を与えるポジティブな雰囲気を出している気がします。
せめて会社では、私も先輩のように好印象を与えたいものです。

誰か私に「ポジティブ」を教えてください。

計測器に関するお問い合わせはこちらから

コンタクトセンター東日本 TEL.0120-706-120
コンタクトセンター西日本 TEL.0120-959-008
技術サポートサービス TEL.0120-706-122
※ 受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後5時30分(祝祭日、年末年始を除く)

PAGETOP