©2021 SMFL Rental Co., Ltd.

interview-4

新規開発事業部(開発担当)
松木 友亮
2017年入社

※2020年12月当時の所属・インタビュー内容です。

reason
SMFLレンタルを選んだ理由

当初は金融機関をメインに就職活動をしていたのですが、お金を扱うだけではなく、モノに付加価値を付けたサービス提供を行うリース・レンタル会社に興味を持ちました。その中で、SMFLレンタルを選んだ理由は、三井住友フィナンシャルグループというバックボーンを持ちながらも、そこにあぐらをかかず、ロボットといった最先端製品を取り扱うなど、新規ビジネスに果敢に取り組んでいる姿勢に将来性を強く感じたためです。

私の仕事とやりがい My Job and Rewarding

新たな可能性を切り開く仕事。

入社4年目に、新たな商材を扱う新規開発事業部で、新規商材や新ビジネス策定を行う開発担当になりました。ロボットをはじめとした、今後伸びるであろう商材のマーケット調査などを行い、その取り扱いスキームの策定を手がけています。様々な最先端分野に接し、分析・調査などを行うので、多様な知識や幅広い視野で世の中を見る習慣が身につきます。また、新ビジネスの策定を通し、経営者の考え方がわかるようになり、とてもやりがいを感じています。

私のチャレンジ My Challenge

ロボット営業に挑戦し
販売台数No.1に。

入社後は、新規開発事業部のLED製品を扱う営業チームに所属していたのですが、ロボットの営業にチャレンジしたいという想いがあり、部長との面談時にその希望を伝えたところ、1年経たずしてロボットを扱う営業チームへ異動することができました。SMFLレンタルは、若手の声やチャレンジ精神を寛大に受け入れてくれる会社です。異動後も、上司や先輩たちが担当するビッグクライアントへのプレゼンを、自らやらせてほしいと志願したところ、快く任せてくれました。そのおかげで、異動後もすぐに成約を勝ち取ることができ、ロボット販売台数No.1の実績を残すことができました。

目指す自分 Aim For Yourself

次代の核となるビジネスを創出する。

ロボット営業担当時は、これからの世の中に広まることが見込める、最先端商材を取り扱えることにやりがいや面白さを感じていました。他社が扱っていない新たな商材は、自身のプレゼン内容次第で大きな差別化を図ることができます。開発担当になった今、ロボットに続くようなヒット商材を生み出すことが目標です。そして、いつかSMFLレンタルにとって、次代の核となるようなビジネスを創出してみたいです。また、あらゆる商材の知識を身につけるなど、多くの情報にアンテナを張り、マルチに活躍できるオールラウンダーとして、頼りにされる人材になっていきたいと考えています。

off time
off time

週末は、まだ子どもが小さいので、近くの公園や動物園、水族館などに遊びに行っています。また、夏休みや年末年始などの長期休暇は実家に帰省をして、ゆっくり過ごしています。当社はまとまった休みもとりやすい環境なので、家族旅行は繁忙期を避けて、国内外問わず旅行を楽しんでいます。妻の出産時は配偶者出産時休暇により、特別休暇にて出産に立ち会ったりもしました。