サービス診断

下の診断表で最適なサービスを探してみましょう。

長期レンタルとリースのどちらが最適かは、機器の使用期間や保守条件によって異なります。
最適なサービスを選択することで、お客様の利用環境にあった、より効果的な提案をいたします。

保守 使用期間
12ヶ月~23ヶ月 24ヶ月~35ヶ月 36ヶ月~
保守有り

診断A 長期レンタル

保守サービスが必要なお客様には、長期レンタルをお勧めします。保守メニューがお客様のニーズに合わせて選べる「自由設計型レンタル」、情報漏洩対策を充実した「情報漏洩対策レンタル」など、お客様のニーズに合わせた商品があります。

診断B 長期レンタル

保守サービスが必要なお客様には、長期レンタルをお勧めします。(リース契約+保守契約)という方法もありますが、トータルコストでは長期レンタルがお得です。

診断C 長期レンタル

保守サービスが必要なお客様には、長期レンタルをお勧めします。リースや購入という方法もありますが、増え続ける情報システム管理業務の一部を長期レンタルを活用してアウトソーシングしてみませんか。長期レンタルはトータルコストダウンの提案だけでなく、お客様の業務
効率の向上をお手伝い致します。

保守無し

診断D イージーリース

パソコンは、法定耐用年数が4年の為、最短でも24ヶ月のリース契約しかできません。
保守サービスを必要としないお客様には、長期レンタルをスリム化したイージーリース(保守なしレンタル)がお薦めです。

診断E イージーリース or リース

保守サービスを必要としないのであれば、イージーリース(保守なしレンタル)やリースが、お客様のご要求に合っています。但し、長期レンタルを活用してトータルコストを下げていく方法もあります。

診断F リース

保守体制が整っていて、長期ご使用のお客様は、リース契約が適しています。但し、トータルコストと業務効率の面から一度長期レンタルも検討してみてください。

※イージーリースはSMFLレンタル株式会社の登録商標です。

IT機器に関するお問い合わせはこちらから

東京 TEL.03-5226-5034
大阪 TEL.06-6282-3624
※ 受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後5時(祝祭日、年末年始を除く)

PAGETOP