自動車用試験規格 ECE-R10 (ISO 11451-2・ISO 11452-2・ISO 11452-3・ISO 11452-4・ISO 11452-5)

自動車用規格試験 ECE-R10  (ISO 11451-2・ISO 11452-2・ISO 11452-3・ISO 11452-4・ISO 11452-5)

ISO 11451-2

-路上走行車-

狭帯域放射電磁エネルギーによる電気的妨害の車両試験方法
第2部:車両外放射源

  ISO 11451-2は、車両が車両外から受ける電磁妨害についての耐性を試験します。 アンテナを使用して車両に照射することから電波暗室を使用しなければならならず、事前に試験を行うことは困難なために最近ではシミュレーションによる解析も行われています。

レンタル計測器ラインアップ

・信号発生器 SMB100A

ISO 11452-2

-路上走行車-

狭帯域放射電磁エネルギーによる電気的妨害のコンポーネント試験方法
第2部:吸収材に裏打ちされたシールドルーム

 ISO 11452-2は、車内外から放射された電磁化のESAへの影響について試験します。
 電波暗室(ALSE:Absorber-Lined Shielded Enclosure)内において送信アンテナから放射された電磁波に、対象となるESA及びそのハーネスを曝します。

レンタル計測器ラインアップ

・信号発生器 SMB100A

ISO 11452-3

-路上走行車-

狭帯域放射電磁エネルギーによる電気的妨害のコンポーネント試験方法
第3部:トランスバース電磁モード(TEM)セル

 ISO 11452-3は、アンテナの代わりにTEMセルを使用して電界を発生させます。TEMセルの両端には同軸コネクタが取り付けられており、その中心導体は内部でセプタムと呼ばれる平板に、シールド部は通常外箱に接続されています。セル内は遮蔽されている為に電波暗室を必要としませんが、使用可能な周波数の上限は電波暗室に比べて低くなります。この他に、TEMセルよりも高い周波数で使用可能なGTEMセルと呼ばれるものもあります。 

レンタル計測器ラインアップ

・信号発生器 SMB100A

・RFパワーアンプ A009K401-5050R

ISO 11452-4

-路上走行車-

狭帯域放射電磁エネルギーによる電気的妨害のコンポーネント試験方法
第4部:ハーネス励磁法

 ISO 11452-3はハーネスにクランプされたバルクカレントプローブによってRF電流を印加し(BCI:Bulk Current Injection)妨害波として誘起させ、そのときのESAの耐性を評価します。BCI法には置換法と閉ループ法があり、どちらも1~400MHzまでの試験範囲が規定されています。2011年版では400MHz~3GHzまでの試験法であるTWC(Tubular Wave Couplijng)法※が追加されていますが、ECE-R10ではBCI法のみが参照されています。

※TWC法は置換法のみ

レンタル計測器ラインアップ

・信号発生器 SMB100A

・RFパワーアンプ A009K401-5050R

ISO 11452-5

-路上走行車-

狭帯域放射電磁エネルギーによる電気的妨害のコンポーネント試験方法
第5部:ストリップライン

 ISO 11452-5は、ISO 11452-4と同様ハーネスに妨害波が重畳された場合のESAの耐性が評価されます(ESA自体の評価も可能)。ストリップラインの構造はTEMセルに似ていますが、TEMセルと違い周りがシールドされていません。

レンタル計測器ラインアップ

・信号発生器 SMB100A

・RFパワーアンプ A009K401-5050R

計測器に関するお問い合わせはこちらから

コンタクトセンター東日本 TEL.0120-706-120
コンタクトセンター西日本 TEL.0120-959-008
技術サポートサービス TEL.0120-706-122
※ 受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後5時30分(祝祭日、年末年始を除く)

PAGETOP