レンタルを活用したモータードライブシステム開発

1.
パワーアナライザ PW6001とシステム構成

日置電機㈱のパワーアナライザ PW6001とリアルタイムシミュレータを組み合わせ最適化ツールと連携。モータを最大効率で駆動するためのパラメータを自動的に探索し、モータ制御システム開発を効率化します。

  • MATLAB制御モデルによる実モータドライブ、アルゴリズム検証
  • 最大効率制御に必要な位相テーブルの自動生成(運転パターン自動実行シーケンス、自動計測)
  • モータ制御パラメータの自動適合(Optimus、modeFRONTIER、HEEDS等の自動最適化ツールとの連携

scheme

 

2.
制御パラメータ自動最適化システム構築例

① RCP(DT-0007高速コントローラ)で実モータを駆動する

② パワーアナライザで制御器、インバータ、モータを含む全体の損失を計測

③ トルク、回転数ごとに損失が最小となるPWM周波数、PIDゲイン、電流位相を自動最適化ツールで探索。(制御方式、運転条件によりユーザが自由に設定可能)

scheme

 

レンタル可能品のご紹介
目的や用途に合わせてご選択

IMG

日置電機(株) パワーアナライザ

PW6001

  • 電力基本確度±0.05%※1
  • 最高確度を保ったまま10msのデータ更新 (専用ICにより全ての測定は独立・同時演算)
  • 正確で安定した効率測定に重要な、DC確度±0.07%
  • 周波数帯域DC, 0.1Hz~2MHz
  • 最大12ch※2、2台をリアルタイムにつなぐ同期機能
  • オシロスコープ不要の波形解析、モータ解析専用のトリガ
  • 帯域1.5MHz、最大100次までの広帯域高調波解析

 
※1 本体確度のみ、電流センサ確度を加算しても±0.075%を実現

※2 6chモデル2台, 光接続ケーブルによる同期機能使用時

 

IMG

ディエスピーテクノロジ(株) 高速コントローラ

DT-0007

  • ソフトウェアのプログラミング不要、制御ロジックをSimulinkモデルで実装可能。Simulinkで制御アルゴリズムを設計後、すぐに実機で動作確認するこができます。
  • 実装されたSimulinkモデルをμsオーダーのシミュレーション周期で実行可能。ARMプロセッサとFPGAを使用した分散、並列化によりモデル計算を高速に処理します。
  • A/D、D/A各50MHzの高速サンプリング可能なI/OにSimulink専用ブロックセットからアクセス可能。
  • オプション製品のDT-1080 FPGAユニットを追加することで、ユーザーがFPGAロジックを実装可能。FPGAロジックはIntel社のDSP Builderを使用し、Simulink上で実装することも可能です

 

IMG

日置電機(株) AC/DCカレントセンサ

CT6904

  • 500A定格の大電流測定を実現※3
  • DC~4MHzの広い周波数帯域
  • ±10ppmの優れた直線性
  • CMRR (同相信号除去比) 120dB (100kHz)
  • PW6001との組合せ電力確度 ±0.077%
  • 振幅/位相確度 DC (±0.025% rdg. ±0.007% f.s.),45 Hz ≤ f ≤ 65Hz (±0.02% rdg. ±0.007% f.s., ±0.08°),1 MHzまで規定

※3 特注にて800Aまで対応可能

 

IMG

(株)高砂製作所 電力回生型双方向直流電源

RZ-X-10000-H

  • ユニット構成を採用することにより、従来のラック構成に比べ小型・軽量化を実現/li>
  • 業界トップクラスのノイズの抑制と高効率
  • 専用ケーブルにより直並列増設が容易(10台まで並列接続可能)

計測器に関するお問い合わせはこちらから

コンタクトセンター東日本 TEL.0120-706-120
コンタクトセンター西日本 TEL.0120-959-008
技術サポートサービス TEL.0120-706-122
※ 受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後5時30分(祝祭日、年末年始を除く)

PAGETOP