太陽光発電システムのO&M vol.6 サーモグラフィ試験・モジュール電路探査

太陽光発電システムの O&M

vol.6 サーモグラフィ試験・モジュール電路探査

サーモグラフィ試験

 サーモグラフィカメラを使用して太陽電池パネルや接続箱などの温度分布を測定し、異常発熱箇所の有無を確認します。特定のセルの温度が周りのセルより20℃以上高くなったり、接続箱内部の温度が周囲より5℃以上高くなっている場合は不具合とみなし適切な処置を行います。
 サーモグラフィカメラによる測定は500W/m2以上の日射条件時に行い、測定中に影がかかってしまった場合は影が無くなってから3分以上経過したことを確認して再度測定します。

弊社推奨機器

モジュール電路探査

 サーモグラフィカメラを使用して太陽電池パネルや接続箱などの温度分布を測定し、異常発熱箇所の有無を確認します。特定のセルの温度が周りのセルより20℃以上高くなったり、接続箱内部の温度が周囲より5℃以上高くなっている場合は不具合とみなし適切な処置を行います。
 サーモグラフィカメラによる測定は500W/m2以上の日射条件時に行い、測定中に影がかかってしまった場合は影が無くなってから3分以上経過したことを確認して再度測定します。

弊社推奨機器

IMG

株式会社アイテス ソーラーパネルチェッカ
IS-200

  • 発電中の故障パネルを簡単に発見
  • 約5秒/パネルの測定スピード
  • 低照度でも安定測定
  • 送電前・送電停止時のパネル点検に対応※1

※1 Z/iS連携キット(オプション)の接続が必要

計測器に関するお問い合わせはこちらから

コンタクトセンター東日本 TEL.0120-706-120
コンタクトセンター西日本 TEL.0120-959-008
技術サポートサービス TEL.0120-706-122
※ 受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後5時30分(祝祭日、年末年始を除く)

PAGETOP