「目は口程に物を言う」

更新日:2020/11/09

私は小学生のころ、インコを飼っていました。

手乗りインコでしたので、私にとてもなついていました。

とてもかわいいのですが、困ったことも少々…

それは、「鳥かごから出すと帰ってこないこと」。

遊ぶことが大好きな鳥でしたので、かごに戻るのを極端に嫌がりました。私が捕まえようという素振りを見せたとたん、捕まるまいと手の届かない場所へ逃げられます。

しかし、自由に飛び回るインコを捕まえるのは至難の業、、、、ではありませんでした。

そんな時、私は台所からスイカを持ってきて、鳥に見せるのです。

鳥はスイカを見たとたん、これまでの抵抗をやめ、すぐにこちらへ向かって飛んできます。

鳥はスイカの種が大好物だったのです。

どんな高級な餌よりも、スイカの種を好んでいました。

夢中でスイカの種を食べている鳥は無防備なので、すぐに捕まえられました。

そんなことを繰り返していたある日、小鳥はキラキラと輝く視線でこちらを見つめました。私はずっと小鳥と暮らしているのです、小鳥が何を伝えたいかなんて容易にわかります。

この視線は「スイカを寄越せ」と言っているのです。

そんな凶悪な視線で見つめられるなんて、、、、耐えられません!

スイカをあげないわけにはいきません!

そんな感じで、私はいつも小鳥の言いなりになっていました。しかし、それはとても幸せな日々でした。

——————————————————————————————————

あれから○○年、もうその小鳥はいませんが、あのキラキラした視線はずっと記憶に残っています。

当社も昨今の情勢を踏まえて在宅勤務が増えてきました。ずっと一人で仕事をするのは寂しいので、いつか2代目の相棒をお迎えしたいなと思っています。

鳥かご

 

計測器に関するお問い合わせはこちらから

コンタクトセンター東日本 TEL.0120-706-120
コンタクトセンター西日本 TEL.0120-959-008
技術サポートサービス TEL.0120-706-122
※ 受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後5時30分(祝祭日、年末年始を除く)

PAGETOP