三井住友ファイナンス&グループ SMFL SMFLレンタル
メニュー

アイコン:ロボット・実用機器ロボット・実用機器

  • 協働ロボット
  • パーソナルロボット
  • 手洗いスタンド
バナー:採用情報

車載イーサネットの規格 課題に向けたレンタル活用方法


はじめに

自動運転や次世代運転支援システム、コネクテッドカーに対応するためにも、自動車内における高速通信は進化を求められています。
現在、車載イーサネット規格は10BASE-T1S(10Mbps)、100BASE-T1(100Mbps)、1000BASE-T1(1Gbps)、マルチギガビット(2.5G, 5G, 10Gbps…)へと進化しており、更なる高速化に向け、データレートの向上と、広帯域ネットワークの評価・開発が必要とされています。

SMFLレンタルの取り組み

SMFLレンタルでは、コンプライアンステストツールや認証試験のワンストップサービスなど、様々なソリューションをご提案致します。

    • 画像3
  • 高額な計測機器を調達する際に、レンタルをご利用頂くことで初期投資額を抑えることができます。

    しかし、「測定器の調達」は手段であってゴールではありません。
    車載イーサネットの規格課題に向けたレンタル活用方法をご提案致します。

① 計測器+治具

  • 車載イーサネットではコネクタが標準化されていないため、計測器(ネットワークアナライザやオシロスコープ)と接続する際には、SMAなどRFコネクタへ変更する必要があります。

    しかし、簡易的な変換治具では、本来の性能を測定できないため、コンプライアンス試験では不合格となります。そこで、規格基準に合格する特注治具を製作し、計測器と併せてレンタルで提供することが可能です。

  • 画像1

② 計測器+ソフトウェア

  • 画像2
  • コンプライアンステストツールや自動測定など、お客様の用途に合わせた特注ソフトウェアも計測器と併せて「レンタル」で提供することが可能です。

③ 認証試験(事前試験を含む)、受託試験、コンサルティングサービス

  • 事前試験からサポート可能な「認証機関」とコラボレーション
    お客様の課題を解決に導きます!

      本サービスの特長

    • インターフェースの技術試験をサポートします
    • 認証試験、事前試験どちらも受託可能です
    • テストプラン、テスト手法、実行のトレーニングにも対応します
  • 画像3

まずはお気軽にお問い合わせください