三井住友ファイナンス&グループ SMFL SMFLレンタル
メニュー

アイコン:ロボット・実用機器ロボット・実用機器

  • 協働ロボット
  • パーソナルロボット
  • 手洗いスタンド
バナー:採用情報

レーザーダイオード測定ソリューション

A0040A 光雑音アナライザ光周波数雑音の評価システムをレンタルでご提供

特長

光雑音アナライザは、新たに開発した光周波数雑音測定機能に、A0010A RIN測定システム、A0020A レーザ線幅測定システムの機能を統合した、総合光雑音解析ソリューションです。光雑音アナライザは、近年のデジタル・コヒーレント通信方式向の発展に伴い、レーザ光源の光周波数の安定性に対する要求の高まりに対応し、従来のスペクトラム線幅測定では得られなかった新しい光周波数雑音特性の取得を可能にする測定システムです。

光雑音アナライザは、レーザ光の光周波数雑音のパワースペクトラムの表示、白色ノイズおよび1/fノイズを表すパラメタの抽出、レーザ光の電界(線幅)スペクトラムの表示、白色ノイズ成分による等価線幅(ローレンツ線幅)の算出等の機能を有します。

利点

レーザ光の光周波数雑音のパワースペクトラムの解析により、ITLA等の高度に集積化された光源について、設計・品質の重要な指標を得るとともに、製品の差別化を推進することができます。また、A0010A RIN測定システム、の機能を付加することにより、投資効率の高いシステムとなります。さらに、A0020A レーザ線幅測定システムの機能を合わせ持つことにより、従来の線幅測定からレーザ光の光周波数雑音測定へのシームレスな以降を可能にします。

A0010A RIN測定システム40GHzまでのRIN測定システムをレンタルでご提供

特長

40GHzまでの広帯域RIN測定を提供します。独自の手法による校正方法により、不確かさを低減し、高い測定再現性を提供します。S~Lバンドだけではなく、850nm、980nm、1064nm等の波長への対応も可能です。また、光変調度測定機能を追加することもできます。

利点

各種波長および周波数領域のRINの測定により、レーザダイオードの雑音・帯域などの諸特性の把握が可能になり、設計・品質の重要な指標を得るとともに、製品の差別化を推進することができます。また、A0020Aレーザ線幅測定システムのベースシステムとして、投資効率の高いシステム運用が可能です。

A0020A レーザー線幅測定システム下限50kHzまでの狭い線幅を確実に測定

特長

デジタルコヒーレント光通信等に用いられる狭線幅レーザ光源について、下限50kHzまでの狭い線幅を容易かつ確実に測定します。干渉計には自己遅延型ヘテロダイン方式を採用しています。また、A0010A RIN測定システムのAdd‐Onとしても提供可能です。

利点

実績のある自己遅延型ヘテロダイン方式により、安定かつ再現性の高い線幅測定を提供します。また、A0010A RIN測定システムをベースシステムとして用いることにより、投資の利用効率を高めることができます。

まずはお気軽にお問い合わせください