三井住友ファイナンス&グループ SMFL SMFLレンタル
メニュー

アイコン:ロボット・実用機器ロボット・実用機器

  • 協働ロボット
  • パーソナルロボット
  • 手洗いスタンド
バナー:採用情報

遠隔計測ソリューション +Remoteとは


計測器+REMOTEで遠隔計測サービスをレンタルにて提供

レンタルだから初期投資費用も分散、経費処理が可能

レンタルだから初期投資費用も分散、経費処理が可能

アイコン:課題Problem

一般的なデータ共有

  • 通常、計測器で取得したデータをCSV等に出力し、記録媒体やメール等でデータを共有することが一般的となります。グラフ化や解析に時間が、かかるため結果をすぐに共有することは難しい傾向にあります。
  • 計測器の操作や目視での作業を要するため、現地に出向く必要があります。

アイコン:効果Solution

+Remoteサービスを利用すると

  • +Remoteサービスでは、計測器で取得したデータをサーバーに保存します。VPN接続によりブラウザからアクセス出来るため、テレワークや外出先でも閲覧が可能です。
  • セキュリティ面でも安心してご利用いただけます。

+Remoteの特長

  • 1遠隔で測定データを共有

    VPN接続により、測定データの共有が可能です。

  • 2多彩なワークスタイルに対応

    ワークスタイルに関わらず測定データにアクセス出来ます。

  • 2柔軟なプラン

    多種多様なアプリケーションに対し、柔軟なプランをご提案いたします。

遠隔計測を取り入れたレンタル事例

CASE1 実車走行試験【リモート】

実車走行試験中の車両データを収集し、キャリア回線を使ってストレージへ自動保存します。

ビデオ映像と特性データをリアルタイムでモニター監視することにより、どの場所でどういった特性を得られるかを識別することが出来ます。また、オプションのGUI(グラフィックユーザーインタフェース)により、特性を瞬時にモニターすることが出来ます。

CASE1 実車走行試験【リモート】

リアルタイム可視化【オプション】

計測状況のリアルタイム可視化についてのご提案も可能です。

リアルタイム可視化【オプション】

CASE2 遠隔制御自動測定システム

自動測定プログラムを構築し、サーバーに測定データを自動保存します。

VPN接続により、遠隔で計測器のモニター&コントロールが可能となるため、被測定物の特性データを複数名で共有することが出来ます。

CASE2 遠隔制御自動測定システム

CASE3 フィールド試験の遠隔制御

自動測定プログラムを構築し、サーバーに測定データを自動保存します。

VPN接続により、遠隔で計測器のモニター&コントロールが可能となるため、被測定物の特性データを複数名で共有することが出来ます。

CASE3 フィールド試験の遠隔制御

まずはお気軽にお問い合わせください