三井住友ファイナンス&グループ SMFL SMFLレンタル
メニュー

アイコン:ロボット・実用機器ロボット・実用機器

  • 協働ロボット
  • パーソナルロボット
  • 手洗いスタンド
バナー:採用情報

電気的ファストトランジェント/バーストイミュニティ試験

 電気的ファストトランジェント(電気的高速過渡)とは、例えば何かの電源をON/OFFした時などに発生するスイッチの高速切替によるノイズなどを指します。この試験は、このような立ち上がりが早く高電圧のパルスによる過渡現象が発生した状態を模擬したパルスを、EUTの電源及び3mを超える(可能性のある)ケーブルに印可します。

 波形のイメージを図1に示しますが、IEC 61000-4-4で規定されている一つ一つのパルスの立ち上がり時間は 5ns ±1.5ns と非常に早く、静電気放電イミュニティ試験、サージイミュニティ試験などと並んで機器にとっては厳しい(誤動作を起こしやすい)試験になります。

表1 試験レベル
レベル 電源ポート・接地ポート(PE) 信号・制御ポート
ピーク電圧(kV) 繰返し周波数(kHz) ピーク電圧(kV) 繰返し周波数(kHz)
1 0.5 5 又は 100 0.25 5 又は 100
2 1.0 5 又は 100 0.5 5 又は 100
3 2.0 5 又は 100 1.0 5 又は 100
4 4.0 5 又は 100 2.0 5 又は 100
X 特殊 特殊 特殊 特殊

パルス波形

立ち上がり時間
5ns ±1.5ns
パルス幅
50ns ± 1.5ns(50Ω終端時)
50ns +100ns -15ns(1000Ω終端時)
ピーク電圧
表1に記載の通り

EFT/B発生器の特性

極性
5ns ±1.5ns
繰返し周波数
5kHz 又は 100kHz ± 20%
バースト時間
15ms ± 3ms(5kHzの場合)
0.75ms ± 0.15ms(100kHzの場合)
バースト周期
300ms ± 60ms

参考 JIS C 61000-4-4:2015

図1

図1 EFT/B発生器の特性