三井住友ファイナンス&グループ SMFL SMFLレンタル
メニュー

アイコン:ロボット・実用機器ロボット・実用機器

  • 協働ロボット
  • パーソナルロボット
  • 手洗いスタンド
バナー:採用情報

回生型直流電源を用いた大容量試験


電力回生のメリットを活かしたレンタル活用例

はじめに

電気自動車の急速充電や再生可能エネルギーの安定化など、エネルギーの大容量化が注目されております。

それに伴い、これらを支える二次電池、モーター 、インバータの評価にも大容量の 直流電源が必要とされ、「既存設備では仕様を満たせない。」といった悩みを抱えているお客様も多く存在します。

今回は、回生型電源レンタルを活用した省エネエコ な大容量試験システムについてご提案致します。

当社サービスの特長

アイコン:課題課題

大容量化に伴う試験の悩み

  • 様々な容量で評価を行う必要が あり、一時的に電源を追加したい
  • 既存の環境では容量が足りず、必要な電力を得るには 系統の工事が必要
  • 負荷の放熱 により室温が高く、また台数が多い為広いスペースが必要

アイコン:効果効果

    回生型電源レンタルで解決

  • 仕様を確認し、在庫があれば即納品が可能
  • 回生時の電力を系統に戻すことで、既存設備でも大容量試験が可能
  • 回生に より放熱を抑えて快適な環境を構築。電源自体も小型化を実現

回生型電源を用いた大容量試験例

充放電試験(二次電池)

回生型電源は、1台で充電・放電動作ができます。
また、直列・並列を組み替えることで、高電圧or高電流の試験にも柔軟に対応可能です。

放電時に吸収した電力を再利用することで放熱を抑えられるため、シンプル&コンパクトな構成でシステムを構築できます。

回生型電源を用いた大容量試験例

モーター/インバータ評価

モーター評価に回生電源を使用する際、力行時は直流電源として使用し、回生時は余剰電力を再利用することが可能です。
また、インバータ単体を評価する際は、モーターの代わりに回生電源(回生負荷)を設置し、回生(再利用)した電力を徐々に循環させることで、系統に負担をかけずに大容量試験を行うことが出来ます。

モーター/インバータ評価

ソフトウェア・治具ソリューション

計測器と合わせ、下記のサービスもご利用いただけます。

  • ソフトウェアレンタルソリューション

    ソフトウェア レンタルソリューション
     

    計測器情報や試験レシピを予めご教示頂くことで、自動測定ソフトを含めたレンタルのご提案が可能です。

  • 治具・コンポーネント レンタルソリューション

    治具・コンポーネント レンタルソリューション

    配線・端子台を含む治具もシステムアップの状態でレンタル提供が可能です。

治具・コンポーネントレンタルソリューションについては、こちらのページもご覧ください。

治具・コンポーネント レンタルソリューション

ソフトウェアや治具も、レンタルでご提供可能です

電力回生のメリットとは? 比較シミュレーション

省エネルギー&エコ 電力消費比較

(株)高砂製作所 双方向直流電源 RZ-X-10000-Hを、最大負荷電力6kW、1カ月連続運転で試算した場合の試算結果をご紹介いたします。

  • ランニングコストの節約効果

    ランニングコストの節約効果
    回生型であれば電気代を約7万円/月も節約

    電力料金:20円[1kWh当り]、回生効率で算出

  • CO2排出

    地球にやさしい
    CO2排出量:1.9トン/月の削減

    CO2排出係数:0.457kg[1kWh当り]で算出

回生型直流電源を使用することで、
電気代を約7万円/月、CO2排出量を約1.9トン/月削減できます

コストも削減! レンタル料比較

40kW程度の大容量二次電池の評価のための充放電試験を実施したと想定し、レンタル料の試算結果を比較します。

  • 直流電源・直流電子負荷を使用した場合

    直流電源・直流電子負荷を使用した場合

    月額レンタル費 58万円 /月

    12kW 直流電源 4台:約22万円 /月
    12kW 電子負荷 4台:約36万円 /月

  • 回生型直流電源を使用した場合

    回生型直流電源を使用した場合

    月額レンタル費 39万円/月

    12kW 回生電源 4台:約39万円 /月
     

回生型直流電源を使用することで、
月額レンタル料に約19万円/台の差が生じます
(4台であれば、約76万円の差)

まずはお気軽にお問い合わせください