伝導イミュニティ試験の概要

Overview of Conducted Immunity

伝導イミュニティ試験の概要

 放射イミュニティ試験ではアンテナから照射された電磁界にEUTを曝しますが、周波数が低くなるにつれ妨害波はケーブルなどに重畳されやすくなる傾向にあるため、伝導イミュニティ試験では電源ライン及び3mを超える長さの信号ラインを試験対象としCDN(Coupling-Decoupling Network:結合減結合回路網)またはEMクランプや電流注入用プローブを使用してケーブルに妨害波が印可されます※。試験規格にはIEC 61000-4-6、ISO 11452-3,4,5などがあり、IEC 61000-4-6では周波数範囲150 kHz~80 MHz、掃引の方法や変調は放射イミュニティ試験と同様で試験されます。(ISO 11452シリーズでは周波数範囲、変調方法試、験レベルなどは異なります)

※対象に適したCDNがあればこれが優先される

 EUT及び周辺機器はグラウンドプレーンから10cmの、信号ラインなどは3cm以上の絶縁物の上に配置し、印可する電源ラインの長さ及び信号ラインの印可ポイントはEUTから10~30cmの距離になるように設定します。この時、試験されないEUTや周辺機器の電源ラインもCDNを取付け、CDNの同軸ポートを終端する必要があります。

表1 IEC 61000-4-6の試験レベル

レベル 電圧(V)e.m.f.
1 1
2 3
3 10
4 30
X 特殊
図1

図1 伝導イミュニティ試験のセットアップ


参考 JIS C 61000-4-6:2017

 

計測器に関するお問い合わせはこちらから

コンタクトセンター東日本 TEL.0120-706-120
コンタクトセンター西日本 TEL.0120-959-008
技術サポートサービス TEL.0120-706-122
※ 受付時間:月曜日~金曜日
午前9時~午後5時30分(祝祭日、年末年始を除く)

PAGETOP